2018ロシアワールドカップ!現地へ行く前に<治安、マナー編>

日本人がロシアに行く前に気をつけること


日本の常識、世界の非常識。

せっかくだったら楽しみたい旅行。
安全面や現地の常識など、マナー違反、法律違反、なんてことにならないよう事前にチェックして行きましょう!

ロシアの基本情報はこちら⇒2018ロシアワールドカップ!現地へ行く前に<基本編>


スポンサードリンク

◆治安

・ロシアの治安

経済的な格差があるロシアではスリや強盗などの金品目的の殺人が多く、
スーパーのレジ付近に警官が常駐していたりと他のヨーロッパ諸国に比べ高いセキュリティが強化されています。

あまり派手な服装、アクセサリーを身につけているとターゲットになりやすいので、
被害に合わないためにはそのような格好は避けましょう。

特に深夜の路地では集団スリや強盗の危険性が高く非常に危険です。
ウォッカで酔っ払ったロシア人とぶつかり揉め事になることもあります。
できるだけ一人で出歩くのは避けましょう。

また、人が集まるワールドカップ開催期間は、テロの危険性も高まります。
ロシア大使館や外務省の海外安全HPを細かくチェックするようにしましょう。

首都モスクワの中でもチェルタノヴォ、ゴリャノヴォは特に暴行、窃盗、強盗、ひったくりが横行しているエリアです。
人が多い場所や夜道、公園は特に危険が多いので避けたいですね。

・ネオナチ

ネオナチとは、ロシアでは有名な暴力集団です。
彼らはナチズム復興を掲げ、政治的な運動を行っており、アジア人や黒人などの白人以外を差別しています。
見分ける特徴としては、スキンヘッドで黒ずくめや迷彩の服を着ていたら、そういった人や集団には近づかないようにしましょう。

・売春婦

格安ホテルの周りには観光客狙いの売春婦が集まっている傾向があります。
中でもロシアは美人が多く、つい誘いに乗ってしまいそうになりますが、
マフィアのような、日本で言うバックのヤクザと繋がっている可能性が高いので注意が必要です。
下手をしたら事件に巻き込まれかねませんし、バーや飲食店で出会うこともあるので
一見売春婦に見えなくても飲み過ぎたり部屋に呼んだりしてはいけません。

・テロ

今年4月、サンクトペテルブルク地下鉄のニュースを見た方も多いのではないでしょうか。
当時はサンクトペテルブルクの全地下鉄駅が閉鎖され、夜になって一部運行を再開という事態になりました。
7年前にはモスクワでも同様の事件が起こっています。
現在は警備が強化されているとはいえ、ワールドカップ開催時は常に警戒を怠らないようにしましょう。

◆注意すること(法律、マナー)

個人で旅行を計画している方は特に注意が必要なのがロシアの法律、マナーです。

・パスポートの携帯

ロシアではパスポートを携帯することが義務付けられており、
外で突然警察官から身分証の提出を要求されることがあります。
不携帯の場合3,000円程の罰金を払わなければなりません。

しかし、もしパスポートを所持し忘れてしまい罰金を要求されても、
その警察官にお金を払わないでください。
ロシアでは警察官がその場で罰金を取ることはありません。
要求された場合は落ち着いてその警察官に身分証の提出を要求しましょう。
ロシアでは警察官も身分証を提示する義務があります。

余談ですが、免税店などで買い物をする際にパスポートの提示をお願いされることがありますが
コピーの提示で十分なので、パスポート本体は首から下げて服の下(専用のホルスターを購入するのも手です)
コピーをカバンに入れておくと紛失や盗難の防止になります。

・徹底したレディファーストの国ロシア

女性に対して失礼にならないよう対応しましょう。
エレベーターは女性が乗るまで男性は乗らないのが普通です。
また、鼻をすすったり(かむのはOK)物であっても”指をさす”という行為はマナー違反です。

・写真

あまりいい顔をされないので、
軍事施設、駅のホームでの写真撮影は避けましょう

・現地で知り合った人の家にお呼ばれした時は

10分くらい遅れていくのがマナーです。
日本とは違い相手に余裕をもたせたい、という気遣いの現れです。
また、手ぶらはマナー違反になるので気をつけましょう。

・言語

マナーではありませんが、ロシアでは英語が通じない場所も多いため
翻訳アプリを入れるか、日常会話、旅行会話などの本、電子辞書を携帯しておくとよいでしょう。

・チップ

ほかのヨーロッパ同様、チップを渡す文化があります。

・ブランド物を買ったら

ブランド物を購入すると紙袋に入れてくれることが多いと思いますが
そのままではひったくりのいい的です。
ツアーなどでは無地の紙袋やビニール袋に入れ替えたり、ホテルまでタクシーを利用するよう勧められます。

いかがだったでしょうか?
日本とは違った文化のロシア。
ロシアの基本情報、ワールドカップ開催地周辺ホテルや観光地もまとめてみたので
合わせてご覧下さい♫
2018ロシアワールドカップ!現地へ行く前に<基本編>

少しでも良い旅行のお手伝いができれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました!


スポンサードリンク



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください